スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レ・クレアション・ド・ナリサワ 成澤由浩シェフの料理 ~ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ~ 

ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラの6周年企画に行ってきました
今回のシェフは、ワールド50 ベストレストランにおいて
20位にランキングされ、ベスト オブ アジア賞を受賞された
成澤由浩シェフの料理が食べれる企画です
今回は服部由奈 さんと磯部作喜子さん のお誘いで参加しました
ゆづき さん夫妻と長谷川清美 さんご夫妻と丹羽院長も一緒です
ブログランキングはココ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
今回は20000円のコースのみです

新玉葱のタルトフランと緑の雫のカプチーノ仕立て
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
このタルトフランの少しクリーミーさが絶妙で美味しいです

サヨリのタルタル・北海道散布産の雲丹・牡蠣の炭
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
この料理は2人分です
雲丹とサヨリのタルタルは期待通りの味でした
牡蠣は炭に見立てて真黒なのでおそるおそる食べましたが
以外に普通に食べれました

ホワイトアスパラガスとキャビア
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
アスパラで囲んだ中にクリームっぽいのが入ってました
美味しいです

芽咲きの川のアユ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
写真は2人分です
こんな小さなアユがあるのですね

鮑と花野菜 ワイルドハーブ仕立て
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
盛りだくさんの野菜の中に分厚くカットされた鮑が入ってました
鮑の肝ソースといっしょに食べました
美味しい鮑です。
野菜にはハーブやパクチーが入ってましたので
苦手な人にはつらいかもしれません

パン
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
シニフィアン・シニフィエの志賀シェフが本日のために焼いてくれた
スペシャルバケットです
手前のパンはドライトマトやオリーブを使用した海を
イメージしたパンです
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
植木鉢をイメージしたバターです
カイワレに黒オリーブを土に見立てて下には無塩バターが入ってます
この発想がおもしろいと思います

フォアグラ 37.5℃ 山菜とラグジュアリーエッセンス
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
スープに入った茹でたフォアグラです。
茹でたフォアグラなんて初めて食べました
中はプルプルでこれもアリと思いました
37.5℃ってことは、この温度で茹でたのでしょうか。
わかりません。。

パティシエ柴田シェフ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
パティシエ柴田シェフ が食事に来てたみたいで女性陣と写真撮影です

グリーンアスパラガスのリゾット リ・ド・ウォーのマール酒風味
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
リ・ド・ヴォーとリゾットの組み合わせが良く美味しいです。

アオナハタとウイキョウ オリーブオイルのエミュルッション
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
焼き加減・塩加減が最高でした
より一層魚が美味しく食べれました

フランス ヴァンデ産 ウズラのロティ フレッシュモリーユ茸と共に
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
森をイメージした料理でした
右側の木の入れ物にはミネラルウォーターが入っているだけ
ですが、杉の木に入っているので、お水が杉の香りでいっぱいです
僕は杉に時期には花粉症になりますがこのお水飲んでも
大丈夫でした!
ウズラは全く臭みはなく美味しく食べれます

125%カカオの‘ショコラ ショーエ フロワ‘
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
125%のカカオってどれだけ苦いのかと思いましたが
全く苦くなく少し甘いくらいです
すごく美味しいです

土佐の苺‘さちのか‘とスミレ
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
見ためはいいですがサバランがお酒が強すぎて食べれなかったです。

マカロン
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
かわいらしいマカロンです
6種類の味も楽しめて味も良いです

コーヒー
ラ・グランターブル・ドゥ・キタムラ
これだけ料理の種類があると、いろんな料理を楽しめて
いいですね。
今回の料理は春の森をイメージした料理みたいです
東京で超人気店で食べたかったシェフの料理を
名古屋で楽しめてよかったです。

ご馳走さまでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。